診療科目
外科 ・ 内科 ・ 小児科 ・ 胃腸科 ・ 形成外科
肛門科 ・ 整形外科 ・ アレルギー科 ・ 麻酔科
リハビリテーション科

医 師
院 長       斉藤 大直
副院長       斉藤 悠紀子
医 師       斉藤 奈津子
new 平成29年4月より消化器内科が新設されました。
内科診療部長 斉藤 奈津子
〒933-0014 高岡市野村799番地 (0766)25-7585

斉藤外科・小児科クリニック

  内視鏡センター、消化器内科、内科が新設されました。  
    2017年4月より、当院に赴任しました。これまで、金沢大学附属病院、その関連病院 ( 厚生連高岡病院、JCHO金沢病院、石川県立中央病院等 )にて長年内科、消化器内科、内視鏡診断 ・ 治療に従事してきました.
患者様を診察する際には、自分の家族ならばどうするかを第一に考え、最善の治療を提案するよう努めております.
内視鏡では、より詳細な診断が可能な、拡大機能を有する拡大内視鏡を専門に長年診療にあたっており、質の高い検査を心がけております. 御希望に応じて、経鼻・細径内視鏡での検査や、鎮静剤の使用も可能です.
便秘や痔でお困りの方も、気軽にご相談下さい(痔の外科治療が必要な場合は稀ですが、根治手術が必要な場合は、入院可能な総合病院へ紹介いたします)。
その他、糖尿病や高血圧等の生活習慣病や、肝疾患等幅広い診療を行っております.
 
     
  当院の内視鏡検査について  
    内視鏡指導医・専門医による内視鏡検査: 全ての検査を行います。

苦しくない内視鏡検査: 胃癌の早期発見・治療には、毎年の内視鏡検査が推奨されています。苦しい検査でトラウマになることがないよう、苦痛の少なく、かつ詳細な観察法で、希望される方に対しては、鎮静剤の使用を行い、ベッドで休んで帰って頂きます。内視鏡も数種類の中から、患者様に合ったものを選択出来ます。大腸内視鏡検査に関しては、CO2送気や、患者様に合った内視鏡を選択することで、日帰りで楽に検査を受けられます。
ポリープが大きく、入院が必要な場合は、総合病院へ紹介いたします。

詳細な観察法: プロナーゼというお薬で前処置を行うことにより、胃内の粘液がなくなり、発見率が向上します。また、NBIという特殊な光を当てることにより、癌の発見率が向上します。それに加え、特殊な技術が必要なため、通常は大学病院や総合病院で主に行われる、拡大内視鏡検査も当院では可能です。
 
     
  診察日 月、水、金、土  
    設備:内視鏡、腹部エコー、CT、レントゲン等。
出来れば、お薬手帳等、薬の内容がわかるものをご持参下さい。 検査当日は原則朝食抜きとなります。
 
         
  ご不明な点は、お気軽にお問い合せ下さい。  
         
  資格 ・ 学会 : 日本消化器内視鏡学会指導医・専門医  
      日本消化器病学会専門医  
      日本肝臓学会専門医  
      日本内科学会認定医